3dig

3dig

加山雄三さんと「バーチャル若大将」が
コンサートで共演

矢印

株式会社3dig(スリーディグ)は​ バーチャルヒューマン(加山雄三アバター)と加山雄三本人の共演歌唱を9/9東京国際フォーラムホールAで行われた「加山雄三ラストショー〜永遠の若大将〜」にて実現しました。​



長きにわたって活動を続けてきた永遠の若大将 「加山雄三」 さんの、一般のホールコンサートとしては最後となる「加山雄三ラストショー~永遠の若大将~」​において、加山雄三さんのバーチャルヒューマン(VH)「バーチャル若大将」の映像制作を担当させていただきました。​

会場で披露されたのは、加山雄三VH単独歌唱による新曲「そして陽は昇りつづける」と、​加山雄三本人と、加山雄三VHによるデュエット「旅人よ」の2曲。​ AIを活用した超高精度な音声合成・歌声合成で作り上げられたトークと歌声に弊社が制作したVH映像を組み合わせた、AI音声とVHで構成される世界的にも珍しい取り組みです。​

新曲「そして陽は昇りつづける」につづき「旅人よ」を 「加山雄三」本人と「加山雄三VH」で掛け合いで歌い 新しもの好きの加山雄三が、ファンを驚かせてみせた。

<YouTubeチャンネル「バーチャル若大将」誕生に関して>

加山雄三(84)自らの発案で、AI技術を駆使して生まれた“バーチャル若大将”。昨年の24時間テレビ44の生放送にて湘南乃風の代表曲「純恋歌」を初お披露目し、大反響の話題となった。



2020年8月、脳内で出血が起きる小脳出血を起こし救急搬送された加山。一命を取り留めたが、言葉がうまく話せなくなるなどの後遺症が残り、芸能活動の一時中止を余儀なくされた。懸命のリハビリで今年4月、歌手活動を再開できるまでの復活を遂げたが、病と闘う中で、この画期的な取り組みが秘密裏に進行していた。最新のAI技術で自分の話す声や歌声、映像によって、加山をバーチャルヒューマン“バーチャル若大将”として後世に残すプロジェクトだ。84歳となった今も、常に新しいモノが大好きな加山らしい発想が生んだ、世界でも類をみない新しい取り組みに是非注目してもらいたい。

VH制作   :株式会社3DIG

撮影協力  :凸版印刷株式会社「トッパンバーチャルヒューマンラボ」

----------------------------------------------------------------------

【会社概要】

商号  : 株式会社3dig

代表  : 代表取締役 飯塚岳人

所在地 : 〒150-0034 東京都渋谷区代官山町1-1 Grava代官山B1

事業内容: バーチャルヒューマンの企画制作、AIによる自動生成

URL   : https://3dig.net/

 

Inquiry

矢印








SEND

 

 

©2022 3dig inc. All Rights Reserved.